QUESTION&ANSWER|お客様からいただくご質問に答えました。ヘアケアや当店のご利用にお役立てください。

頭皮の臭いが気になります。シャンプーは毎日していますがどうしてですか?

頭皮の臭いは、頭髪の匂いと異なり頭皮そのものに原因があります。
頭部は髪が密集していて皮脂腺や汗腺が多いことから蒸れやすく、微生物(真菌や細菌)が繁殖しやすい環境で、この微生物の皮脂分解物が頭皮を刺激し、基底細胞の分裂(ケラチニゼーションまたはターンオーバー)が早まってフケの増加につながることがあります。フケが増加すると皮膚の表面に棲むマラセチアやピツロスポルムなどの微生物が繁殖し、その毒素などが毛穴に詰まり皮脂が表面に出なくなり表皮が荒れ、それらが臭いの原因になります。

【臭い対策は…】
シャンプーなどで、マラセチアやピツロスポルムなどの細菌の温床になるフケを抑えることが必要です。ヘッドスパやフケ対策シャンプーなどが効果的です。それでもフケが抑えられず臭いが気になる場合は、シャンプーそのものに原因があると考えられます。シャンプーの中に含まれる合成界面活性剤や化学物質が角質を傷めてケラチニゼーション(ターンオーバー)を狂わせフケの原因になるので、シャンプーを選ぶときは十分気をつけて選びましょう。成分やご自分の頭皮の状態についての疑問やご質問は、いつでもクロワールスタッフにお問い合わせください。お客様の頭皮状態や、頭皮改善へのアドバイスを致します。

このページのトップへ

髪は1日何本ぐらい抜けますか?

毛髪には寿命があり、成長期、退行期、休止期、発生期に分けられこの周期を「ヘアサイクル」といいます。
その寿命は、男性で3~5年、女性で4~6年です。頭髪中の成長期は全体の85~90%、休止期は10~15%、退行期は1%ぐらいです。頭髪は約10~12万本あるといわれており、寿命が最短で3年として1000日で1本抜けるとして、10万本÷1000=100本、たとえば成長周期が長くて2000日だとしても10万本÷2000=50本。従って1日に抜ける毛髪は、周期の短い人で100~120本、長い人で50本~60本ということになり、1日50~100本の脱毛は自然ということになります。

このページのトップへ

秋にたくさん毛が抜ける気がします。

夏の間に強い太陽の光線と過多な頭皮分泌により痛めつけられた毛髪が、時間が経過して秋に多量に抜けるということと、秋になると脱毛に影響を与える男性ホルモンの分泌が一時的に多くなるためです。また、北半球の人は、成長期の毛髪が8月から2月にかけて約10%も減ることから、秋から冬にかけて1日50本さらに抜ける計算になります。これは、動物が夏毛から冬毛に変わる現象の名残だそうです。

このページのトップへ

市販のシャンプーと美容室のシャンプーはどう違いますか?

市販のシャンプーと美容室のシャンプーの大きな違いは、成分と値段です。
市販品は誰でも買うことができるスーパーマーケットやドラッグストアに流通しているため、大量生産が基本となりみなさんご存じの通り市販のほうが圧倒的に安く、美容室の4分の1ほどです。値段は安いに超したことはないのですが、問題は成分です。 価格競争に勝ち、繰り返し買ってもらうため、安い原材料で使用感をよくするかなり強引な配合をしていると考えられます。一般的に「いいシャンプー」と聞かれれば、泡立ちがよく、洗い上がりがツルツルという答えが返ってくると思います。しかし、私たち美容師からみた市販のシャンプーの印象は、異常な泡立ち、洗い上がりはヌルヌルしているという印象です。もちろん、それが悪いとは言いません。ただ、泡立ちを促進する界面活性剤はいわゆる高級アルコール系といわれるものを使用し、高級とは名ばかりで刺激が強く頭皮に残留しやすく脱脂力、発泡力が強く、角質を傷つけケラチニゼーション(ターンオーバー)を狂わせ、フケの原因を作ってしまいます。原材料が安いというだけで特に良いところは見当たらない上、強力な洗浄力よるダメージから質感を守るために大量のシリコンを使用し、シリコンが泡立ちを阻害するので強力な洗浄力の高級アルコール系の界面活性剤がまた必要・・という一つの商品でイタチごっこのような状態に。シリコンは頭皮に付着すると取れにくく、毛穴を詰まらせ毛髪の発育を阻害するだけでなく、微生物の温床になり湿疹や臭いの原因になります。髪だけでなく頭皮にもダメージを与えてしまう可能性があります。お客様に対して良いサービスとは考えられないため、美容師は市販品を敬遠しているのです。美容室で取り扱っているシャンプーやトリートメントにも高級アルコール系の界面活性剤やシリコンを使った商品もありますが、高級アルコール系の界面活性剤はともかく、シリコンは質がよく、頭皮につけなければさほど問題ありません。シリコン自体、無害だからです。

【今のシャンプーでいいのか気になったら…】
まずは頭皮や髪のトラブルの内容をお教えください。ご使用中のシャンプーもお教えいただければ、お客様にあったシャンプーのご提案をいたします。また髪の洗い方も重要なポイントですので、ご自宅での洗髪法もお伝えいたします。頭皮に優しいタイプ自分に合ったシャンプーを導き出してもらうことが大切です。

このページのトップへ

天然ハーブ配合のシャンプーにはどんな良いところがありますか?

天然ハーブにはそれぞれにいろんな効能があり、目的に応じてシャンプーを選んでください。
例えば、フケや抜け毛でお悩みの方は、ローズマリーエキス、甘草フラボノイド、ホホバ種子油、オウゴンエキスなどを配合したものをお選び下さい。ローズマリーエキスとホホバ種子油はフケを抑え、甘草フラボノイドとオウゴンエキスは脱毛に密接に関係する男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素の結合を阻害し、髪が細くなり脱毛することを防ぎます。また、カミツレエキスやアロエベラ液汁には高い保湿効果があり、傷んだ髪に潤いを与えてくれます。
天然ハーブは、お薬で言えば漢方であり、髪や頭皮に負担がなく長く安心してお使いいただけます。

このページのトップへ